バーの経営が困難なら集客方法を変えてみよう

情報を蓄積し売上向上に

レジスター

企業や店舗に必要な情報

飲食店や街の雑貨屋さんなどでレジを見かける機会は多いでしょう。アメリカで生まれ、【金銭登録機】として日本に広まったレジは、今の日本で見かけない時は少ないほど広まりました。そんなレジには、POSレジと呼ばれるものがあります。しかし、この特徴を理解している方はそんなに多くはないと思います。posレジのposとは、PointOf Salesの頭文字をとった単語で、日本語訳で販売時点情報管理と呼ばれています。つまり、お客様とお店が金銭のやり取りをした時点で記録が行われるシステムがこのposレジに搭載されています。これらは全てネットワーク上でレジを通して繋がっており、この情報を集め、分析資料として使うことで、企業や店舗での売上をアップさせることができます。実際これは改善資料として使用されます。導入された当初は、全国各地にチェーン展開をする企業などがこのシステムを率先して使用していました。しかし、近年では規模の小さい店舗や企業でも、売上向上を図るためにこのシステムを導入し始めています。この機能はposレジの大きなメリットとして知られており、お客様のいつ・どこで・なにを・何個・いくらで購入したかの情報は企業や店舗の売上向上に直結する情報として役立ち、重宝されています。また、性別や年齢層などの情報を付け加えることも可能ですし、企業や店舗が欲しい情報を付け加え利用するやり方もposレジシステムにはあります。その機能をより詳しく知りたい方は、実際にposレジを導入した店舗の情報を集めてみるでしょう。